キャリコンが国家資格になって、
オープン記念特需(笑)
も、すでに終わって、
試験は難化しつつあります。


それにともなって、
なんだか勝手に上位と位置づけられた
技能検定も難化していくことが
明らかであると思われます。


国家資格になったので、
変ったことがあると思いますよ。


難化したこと以外でも。


憶測の域を出ない推測ですが、
あきらかに地方優遇になると思います。


点数操作はないし、
定員制ではない試験ですけれど、
ある程度のコントロールはしていると思うんですね。

あれです、おまわりさんに
交通違反金の売り上げ?の
年間予算が決まってるみたいなやつ。

その前提が正しいとしたならば
という仮定の話ですけれど
同じ資質を持っているひとだったら
人数がすでに飽和しつつある
首都圏のひとよりも、
キャリコンがまだ十分にいない
地方の人を合格にしたほうが
「政策」にあっていますよね。


決して首都圏をdisっているわけではなくて、
むしろ、試験対策をする機会に
恵まれなかった地方のひとに
エールを送りたいんです。


もし、これをスマホで読んでくださっているならば、
2級技能検定の対策教材も
スマホで入手できるので活用していただきたいですし、
さらにスマホが使えるなら、
対面講座の機会がなくても、
機器を活用して、ロールの練習もできるし、
ちょっとした気になることも
直接話すことができたりします。
(あ、そこは無料では対応しません。あしからず)


首都圏の人はいっぱい講座あっていいなぁ、
っていうのは確かにあるけれど
基本、試験対策は
孤独
なものですから。


むしろ、地方在住って
わたしからすると
うらやましいくらいだよ。


だから、機会を探すことをあきらめないでくださいな。




[PR]
by kaorin3355 | 2017-09-13 11:37 | ◆キャリアコンサルティング技能検定

こんにちは。BKSワールドのとびたです。
世界を旅するカウンセラーと言いながらも、
8月は引きこもって仕事&勉強しております。
電車すら1回しか乗っていないという…105.png


2級を受検されるみなさまにおかれましては、
標準キャリア資格(いわゆる国家)はお持ちかもしれません。

もう過ぎ去った事柄かもしれません。

しかし!2016年から始まった国家キャリコン試験、
最近の学科試験が難しいんですよ。

どう難しいかというと、
誤解をおそれずに申し上げるならば、

重箱の隅があながあくまでつつく

ような出題がされております。


それも、4肢1択マークシートは2級と同じなのですが、
下手すると、ちょっと前の2級よりもずっと難しく、
4肢ならば、ふつうすぐに2肢にまで絞れるのに、
それすらままならないというトメ(姑の略語)のような
出題になっております。


これは、思うに国家は年4回あるので、
もう出題者の諸先生方が
ねたがつきてしまったのではないかと
そしられても仕方ないレベルです。


実際、問題訂正がまれではなくなっています。


協議会は試験委員の先生を公表されていないので、
明言できず、杞憂であってほしいと願うのですが、
万が一、国家と技能検定の試験委員に
カブりがあると仮定するのであれば、
当然、2級の学科も余波を受けると思われます。


もう、協議会が年7種の学科試験を作ることは
キャパ超えなのではないかとすら感じます。
(国家4回、2級2回、1級1回)


でもそういう批判はしても何も生まれません。
もうパブコメできるわけでもないし、
実際に受検する側はそんなこと言ってるヒマないので、
文句言っても仕方ないですが、
国家の余波をうけて、

2級学科も難化する

のではないかという心得は必要だと思われます。


さらにきれいごとを言うならば、
学科試験はイヤですけれど、
試験に受かったあとに
理論を見直すと、

あれ、なるほどこういうことか!

ということもあるので、
常に、ヒマをみて学科に触れるということを
オススメしたいと思います。

わたしももちろんそうしています(ドヤァ

↓↓ メールマガジン配信中 ↓↓



[PR]
by kaorin3355 | 2017-08-21 15:42 | ◆2級技能士勉強法

2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験で、学生ケースに当たった場合、
方策実行のひとつに、

「インターンシップ」実習の機会を持つことをおすすめし、啓発的経験をもっていただく

というのがあると思います。

論述試験でも、明らかに、CLがうじうじしててまだ内定ももらってなーい、というパターンでしたら、問3の②には、時期的に可能であるならば、インターンの機会をおすすめする、という方策が書けて、きっとそれは、加点対象になると思われます。

学生ケース 困ったときの インターン (字余り)

みたいな句が詠めてしまいますw


さて。このインターン、一定期間企業で働く人体験をすることなのですが、法的にこのインターンの身分を考えてみたことありますか?

インターンのこの学生は、労働基準法第9条でいうとことろの労働者になるのでしょうか?

ちなみに労働基準法第9条の条文は次のとおりです。

この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業または事業所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。


うーん。なんだか、労働者っぽく見えますよね。じゃあなんかあったときは労災とか適用されちゃうのかな、とか、思いは巡ります。。


これに関しては、行政通達がでております。

一般に、インターンシップにおいての実習が、見学や体験的なものであり使用者から業務に係る指揮命令を受けていると解されないなど使用従属関係が認められない場合には、労働基準法第9条に規定される労働者に該当しない。しかし、直接生産活動に従事するなど当該作業による利益・効果が当該事業場に帰属し、かつ、事業場と学生の間に使用従属関係が認められる場合には、当該学生は労働者に該当するものと考えられる。
(H9.9.18基発第636号)

としております。また、労働者に該当するのであれば、賃金などの労働条件が労働基準法、およびその他関連法令に準ずる必要があり、実習中の事故は労災保険法の適用があることに留意する必要がある、とも注意書きがあります。

つまり、ケースバイケースだと言うことです。もちろん、20分の面接試験ではそこまで話は進みませんが、万が一、その手の話になったとしても、キャリアコンサルタントとしては、安易に、「報酬がもらえるはずです」「交通費ももらえるはずです」等は明言できない、ということになります。ただし、それは、あやふやに誤魔化すのではなく、この行政通達を踏まえた背景を知ったうえで、明言を避ける、という態度が、ステキですね。




[PR]
by kaorin3355 | 2017-08-14 01:51 | ◆キャリコン技能士面接よもやま

You Tubeには無料で視聴できる動画がたくさんありますが、その中でも2級キャリコン論述対策でとてもわかりやすい解説をされているものはりー先生のものだと私は思います。



とてもわかりやすくて、この動画を繰り返し見ることで、論述対策は結構可能であると思います。

りー先生と関わりはなく、勝手にリンクさせていただきますが、こういうわかりやすい動画を私も提供していきたいと思います。この動画は秀逸です。(ごめんなさい、一方、面接の動画は…、でありますが014.gif

この動画と、論述解答例があれば、60点はクリアできると思います。

論述解答例はこちらでご用意しています。





[PR]
by kaorin3355 | 2017-02-22 15:17 | ◆2級技能士勉強法

第15回2級キャリコン試験論述解答例

(平成27年後期 12月実施)

2級論述試験の解答例を無料で公開します。正解はひとつとは限りません。あくまでもひとつの例として個人学習にお役立てください。

※ 試験の解答用紙にはしっかり書ききれるようになっています。はみ出たり、行数を勝手に増やしたりすると明らかに減点対象になると思われます。
※ コピー、転載、2次配信はご遠慮ください。

問1
幼稚園でパート事務をして3年になるが、退職予定の後任として正職員への誘いを受けている。給与や福利厚生の点からありがたい話ではあるが、ずっと憧れ希望していた英語を使う仕事に就きたい思いをあきらめて良いか迷い、どうするのが一番いいか決めかねていること。

問2
職場で褒められる自身の得意なことを知らない自己理解不足な点。英語の仕事に関して、漠然とした知識しか持たず、具体的行動を起こせない職業理解不足な点。将来のなりたい像が描けておらず、中長期的なキャリアプランがまだ十分に考えられていない点。  

問3①
自己理解、仕事理解を深め、中長期的なキャリアプランを相談者が自律的に意思決定し、目標に向かって行動できるようになること。今の職場で正職員になるか、英語を活かす仕事を目指すか、あるいは、他の道を選ぶか意思決定でき、行動できるようになること。

問3②
まず悩む気持ちを受容し、正職員の打診があったことを承認する。正職員になるかどうか回答の期限を確認する。英語の仕事への思いや現在の職場での仕事内容を伺いつつ、今までの仕事等の棚卸を行い、自己理解、仕事理解を深め、なりたい像を描けるよう支援する。英語の仕事に対して具体的な情報を持っていただくため、どのような仕事があるか調べて頂き、必要なスキル等を確認するように提案する。正職員になるか、英語の仕事を目指すか、また他の道を選ぶかメリット・デメリットを整理し、意思決定できるよう支援する。

[PR]
by kaorin3355 | 2017-01-22 19:00 | ◆2級実技論述試験対策

第14回2級キャリコン試験論述解答例

(平成27年前期 6月実施)

2級論述試験の解答例を無料で公開します。正解はひとつとは限りません。あくまでもひとつの例として個人学習にお役立てください。

※ 試験の解答用紙にはしっかり書ききれるようになっています。はみ出たり、行数を勝手に増やしたりすると明らかに減点対象になると思われます。
※ コピー、転載、2次配信はご遠慮ください。

問1
数学が得意で好きで教えるのもうまいと言われ進学した。教職課程も真面目に頑張ってきたが、免許を取っても採用試験は狭き門で、自信もないしリスクを感じる。数学をいかせる一般企業を第一志望にするか、教師をあきらめていいのか色々考えわからなくなったので相談したい。

問2
友人に影響され教師を目指し、周囲からの伝聞のみで教師をリスクが高いと判断する点から自己理解、仕事理解不足と見受けられること。大学の教員、友人、家族など周囲の支援者に相談しているように見受けられないこと。中長期的なキャリアプランが十分に醸成されていないこと。

問3①
中長期的なキャリアプランを自ら意思決定できるようになること。教師を目指すか、あるいは一般企業、また両方を目指すか、他の選択肢を選ぶかを含めて、相談者自身が自律的に進路を意思決定でき、目標に向け行動できるようになることを目標としたい。

問3②
今まで教師を目指し頑張ってきた思いを受容しつつ、数学に対する思いを伺い、教師への思いや、教師という仕事について伺い、自己理解、仕事理解を深め、なりたい像を描いていただき、中長期的キャリアプラン形成へ向け支援する。採用試験の時期確認を含め、教員、友人等に実際の試験等の情報収集をするように促す。教師、一般企業を目指すことのメリット、デメリットを一緒に整理する。必要に応じてVPI職業興味検査を行い、進学や他の選択肢の可能性も一緒に考え、目標に向け、主体的に行動できるよう継続的に支援する。





[PR]
by kaorin3355 | 2017-01-20 09:00 | ◆2級実技論述試験対策