キャリコン技能検定 面接 具体的展開 インターンをおすすめし、啓発的機会を促す

2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験で、学生ケースに当たった場合、
方策実行のひとつに、

「インターンシップ」実習の機会を持つことをおすすめし、啓発的経験をもっていただく

というのがあると思います。

論述試験でも、明らかに、CLがうじうじしててまだ内定ももらってなーい、というパターンでしたら、問3の②には、時期的に可能であるならば、インターンの機会をおすすめする、という方策が書けて、きっとそれは、加点対象になると思われます。

学生ケース 困ったときの インターン (字余り)

みたいな句が詠めてしまいますw


さて。このインターン、一定期間企業で働く人体験をすることなのですが、法的にこのインターンの身分を考えてみたことありますか?

インターンのこの学生は、労働基準法第9条でいうとことろの労働者になるのでしょうか?

ちなみに労働基準法第9条の条文は次のとおりです。

この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業または事業所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。


うーん。なんだか、労働者っぽく見えますよね。じゃあなんかあったときは労災とか適用されちゃうのかな、とか、思いは巡ります。。


これに関しては、行政通達がでております。

一般に、インターンシップにおいての実習が、見学や体験的なものであり使用者から業務に係る指揮命令を受けていると解されないなど使用従属関係が認められない場合には、労働基準法第9条に規定される労働者に該当しない。しかし、直接生産活動に従事するなど当該作業による利益・効果が当該事業場に帰属し、かつ、事業場と学生の間に使用従属関係が認められる場合には、当該学生は労働者に該当するものと考えられる。
(H9.9.18基発第636号)

としております。また、労働者に該当するのであれば、賃金などの労働条件が労働基準法、およびその他関連法令に準ずる必要があり、実習中の事故は労災保険法の適用があることに留意する必要がある、とも注意書きがあります。

つまり、ケースバイケースだと言うことです。もちろん、20分の面接試験ではそこまで話は進みませんが、万が一、その手の話になったとしても、キャリアコンサルタントとしては、安易に、「報酬がもらえるはずです」「交通費ももらえるはずです」等は明言できない、ということになります。ただし、それは、あやふやに誤魔化すのではなく、この行政通達を踏まえた背景を知ったうえで、明言を避ける、という態度が、ステキですね。




[PR]
# by kaorin3355 | 2017-08-14 01:51 | キャリコン技能士面接トリビア

第18回2級キャリアコンサルティング技能検定 実技面接5ケース公開

8月になってすでに面接試験の日程を終えた第18回2級キャリアコンサルティング技能検定面接5ケースが公開されました。

回を重ねていくたびに、設定の骨格にデジャブ感が否めなくなってきますが、その分、人物や事柄、また、相談者の感情にコワザ的な設定がなされるようになってきました。

第18回では3ケースめの田中さん。これ、トータルビューティーサロンって、なんですか?って思いませんか?

トータルビューティーサロンでスタイリスト。

どんな人がCLやるのかなーって、思いましたよ。

IKKOさんみたいな人を想像しませんか?

「どうもー♪今日はいかがいたしますーぅぅっ??」

みたいなの。もちろん、これは、私の準拠枠でしかないのですが。

ただ、トータルビューティーサロンって、一般的な名称ではないですよね。意味合いからすると、すべてまとめて美容を取り扱う的なものだと思うのですが、非常に限定的な名称ではないかなーと。

まあ、そこはさておき、その、トータルビューティーサロンにて、田中さんは美容師(日本標準職業分類にちゃんと存在する名称かつ国家資格)として働いていらっしゃる。

つまり、なにを申し上げたいかというと、このケースにおいては、トータルビューティーサロンって思いっきり重要か、思いっきり意味がないか、のいずれかではないかと言うことなのです。

さらにあえて誤解を恐れずに言うのであれば、一般的ではないものがケースのコワザとして織り込まれているときは、コワザの存在そのものはあまりこだわる必要がないのではないかという考えを私は持っています。

理由は簡単です。一般的ではないものに関しては、語句の定義(この例であると、トータルビューティーサロンがどういうもので、何をしていて、事業所はどういったもので、etc)を確認するための事柄が多く存在し、20分の中でプロセスを進めることが難しくなってくるからです。

正直、来談経緯とCLの心情、その他お話いただかなければならないことをうかがっていると、トータルビューティーサロンがどんなものか、じっくり語句の定義から確認していく時間はありません。

もちろん、トータルビューティーサロンに勤めている田中さんのお気持ちには焦点を当てる必要があり、それはトータルビューティーサロンでもペットショップでトリマーをしていても、理容院で毎日髭剃りをしていても変わらないのです。

もし、田中さんが職場に何かしら誇りをお持ちだったらい、つまらなさをお感じだったり、そこは無視はできませんが、それは、トータルビューティーサロンならでは、という由来があるかどうかというと、あまり大きくないと思うのですよ。(由来があると思われるのは、防衛機制でいうところの、同一視のように、日本で一番大きなチェーンを持つトータルビューティーサロンで出世頭になっている等の場合です。)

つまり、ケースに書いてあるコワザが大きな問題ではないのではないかということです。そこを掘り下げても仕方ないのでは?と思うのです。

このあたり、トータルビューティーサロンに目くらましをくらって、一生懸命下調べをしてしまったりすることは時間の無駄以外何物でもありません。





[PR]
# by kaorin3355 | 2017-08-03 16:42 | 2級キャリコン実技試験対策

2級キャリコン 面接試験 仏頂面のCLさん

2級キャリコン面接は、受検票送付時に同梱されている5ケースのうちどれかがCLとしてやってきて、面談をすることになります。

5ケースをもらった瞬間にいろいろと深読みをしたくなるものですが、どれだけ深読みをしたところで、その当日のCLさんとの相性って確かに存在するのです。

まだ第18回試験が継続中なので、具体的なケースを言及するのは逆に誠実ではないと思うので、名言しませんが、設定とたたずまいが合っていなかったり、設定の文字からはどうみても気が強そうな人にしか見えないのに、気弱なな人がCLであったり。

人生いろいろです。

その中でももっとも困るのは、これはどの回でも同じですが、仏頂面だったり、怒っているCLさんなんですよね。

いやー、もともとの設定に怒りがあるのならば、いいのですが、そうであるならば、5ケースどれもが同等に怒りのごとく激しい感情が入っていないと、国家検定として技能を計るには公平とは言い難いですよね。

どうもそうではないようなのに、なんとなくその日のCL役さんの体調やら気分で仏頂面や怒りになるケースもあるみたいなのですね。


これをどうにか対応するのが、確かに技能士ではあると思いますが、そうじゃない条件で楽々面接突破する方もいらっしゃる以上、もう少し、公平な場面作りに徹していただきたいなと思うわけです。

という愚痴はさておき、そのときは、どうするか、という話のほうが大切ですよね。

そういう時はどうするか。引き込まれない、巻き込まれない、ということが何より大切です。共感的理解はしますが、コンサルタントとしての自分は平常心を保つほかありません。

「いやだなー」と思うでしょうが、あえて不謹慎に言うならば、それはもう「はずれ」を引いてしまったと割り切って、平常心キープに努めるほかありません。平常心をもって、やるべきプロセスをすすめていく。これが「はずれ」を引いたときにできるベターの中でも一番良い施策であります。

私は、今まで、何回か「はずれ」にあたったこともあり、「半年返せよ」と思ったことも正直ありますが、その時の自分に、今の自分が声をかけるとしたら、やはり、「平常心」を保つことだよ、と言うと思います。

これから受検する方も、平常心キープを忘れずにね。



[PR]
# by kaorin3355 | 2017-07-25 13:52 | 2級キャリコン面接突破法

2級キャリコン 第17回試験 実技論述解答例 禁転載コピー

2級キャリコン 第17回試験 実技論述解答例

禁転載コピーでお願いします。

最新回のぶん(第18回)は販売しております。よかったらご購入ください♪

https://bkscounselor.shop-pro.jp/?pid=114106243

第17回(2016年後期)解答例

問1 

大卒後25年以上家庭を優先して働きやすい職場で働いて満足していた。この4月からプロジェクトのメンバーに選ばれたことをきっかけに何も貢献していないと引け目を感じるようになった。今の働き方でいいのかなと思うし、仕事にやりがいも欲しいが、何をどうしたらいいかわからない。

問2

周囲を見て引け目を感じ自己効力感が下がっている点。今までの仕事に達成感ややりがいを見出しておらず、強み等を知らない自己理解不足である点。事務全般を担当していたことを誰でもできる仕事であると考える仕事理解不足である点。中長期的なライフキャリアプランが十分でない点。

問3

① 自己理解、仕事理解を深め、家族を含めた中長期的なライフキャリアプランを相談者が自律的に意思決定し、目標に向かって行動できるようになること。自身の強み等をあらためて知り、自信をもってこれからの働き方を自律的に意思決定できるようになること。

② プレッシャーに感じている気持ちを受容しつつ、これまで仕事について大切にしてきたこと、過去になぜ商品開発をやりたいとお感じであったか等を伺い、自己理解・仕事理解を深める。仕事のみならず育児等生活においても達成したことを伺い、強みを承認し、なぜプロジェクトメンバーに選ばれたのか、何が求められているか上司等に伺うようお勧めし、自己効力感をあげる支援をする。家族を含めたライフキャリアプランについて考えていただき、なりたい像を描いて頂く。仕事の棚卸をお勧めし、これからやりがいを感じる仕事に役立つ実績等を探し、生かして行けるように支援を継続していく。


正直。このように他者比較で自己効力感が下がっていたり、ライバル意識からの内的動機系の人がCLで取り上げられているケースは、受検生がついつい、感情移入して、「いやなCL」という視点で評価しがちになる傾向があります。どんなCLにでもやさしく、フラットな視点で取り組んで行こう。


[PR]
# by kaorin3355 | 2017-07-03 15:11 | 2級キャリコン実技試験対策

第16回2級キャリアコンサルティング技能士 実技論述試験解答例

第16回2級キャリアコンサルティング技能士 実技論述試験解答例(2016年6月実施分)

あくまでもひとつの解答例です。小さ目の文字で、解答用紙にきれいにおさまる文字数です。
合格点はとれている答案です。問題は協議会のサイトから確認ください。



問1 

修士2年。先生からは博士課程への進学を勧められ進学したい気持ちもあるが、その後の進路に関してはお先真っ暗と感じる。就活もしているが、良いと思うところは超難関で受ける気にならず、働き方も健康面に不安がある。進学か就職かで迷っているので相談したい。


問2

自分が向く業界を知らない自己理解不足である点。進学後や就職後どのような仕事をするか理解が深くない点や他の業界に目を向けていない仕事理解不足である点。言いたいことが言えないことから、先生・両親・友人等支援者に相談していない点。なりたい像が描けておらず中長期キャリアプランが十分ではない点。


問3

① 自己理解、仕事理解を深め、中長期的なキャリアプランを相談者が自律的に意思決定し、目標に向かって行動できるようになること。進学か、就職か、あるいは別の進路を選ぶかを相談者自身が自律的に意思決定し、行動できるようになることを目標としたい。

② 不安な気持ちを受容しつつこれまでの就活について伺い、かつ、博士進学の時間的期限を確認する。大学院までに学んだこと達成したことを伺い、強み、適性等を知る自己理解を促す。先生・両親・友人・先輩・キャリアセンター等を活用し、博士後の進路や就職後の仕事について理解を深める。必要に応じてインターン等啓発的機会を持つことをお勧めする。各選択肢のメリット・デメリットを整理し、進学か就職かあるいは他の道か意思決定できるよう支援する。なりたい自分像について考える機会も持ち、中長期的キャリアプランを決定できるよう支援する。




[PR]
# by kaorin3355 | 2017-06-25 13:25 | 2級キャリコン実技試験対策

瀬戸際対策に最適!2級キャリコン論述テンプレートを発売しました

今週末は2級キャリアコンサルティング技能検定、学科試験、実技論述試験です。

ぎりぎりになりましたが、自信をもっておすすめできる

合格テンプレート

を発売しました。
c0351534_13282218.jpg
論述試験は正解が発表されていないので不安になりますが、こちらの合格テンプレートでは合格のためにこれを書けばよいという

「ひな壇」

が示されています。

こちらと過去の論述解答例をあわせてチェックするだけでもじゅうぶんまだまだ間に合います。

あきらめるのはまだ早いですよ!!

https://bkscounselor.shop-pro.jp/?pid=119113381




[PR]
# by kaorin3355 | 2017-06-15 13:31 | 2級キャリコン実技試験対策

おすすめ 2級キャリコン実技論述対策 You Tube 動画

You Tubeには無料で視聴できる動画がたくさんありますが、その中でも2級キャリコン論述対策でとてもわかりやすい解説をされているものはりー先生のものだと私は思います。



とてもわかりやすくて、この動画を繰り返し見ることで、論述対策は結構可能であると思います。

りー先生と関わりはなく、勝手にリンクさせていただきますが、こういうわかりやすい動画を私も提供していきたいと思います。この動画は秀逸です。(ごめんなさい、一方、面接の動画は…、でありますが014.gif

この動画と、論述解答例があれば、60点はクリアできると思います。

論述解答例はこちらでご用意しています。





[PR]
# by kaorin3355 | 2017-02-22 15:17 | 2級キャリコン勉強法

第15回2級キャリコン試験論述解答例

第15回2級キャリコン試験論述解答例

(平成27年後期 12月実施)

2級論述試験の解答例を無料で公開します。正解はひとつとは限りません。あくまでもひとつの例として個人学習にお役立てください。

※ 試験の解答用紙にはしっかり書ききれるようになっています。はみ出たり、行数を勝手に増やしたりすると明らかに減点対象になると思われます。
※ コピー、転載、2次配信はご遠慮ください。

問1
幼稚園でパート事務をして3年になるが、退職予定の後任として正職員への誘いを受けている。給与や福利厚生の点からありがたい話ではあるが、ずっと憧れ希望していた英語を使う仕事に就きたい思いをあきらめて良いか迷い、どうするのが一番いいか決めかねていること。

問2
職場で褒められる自身の得意なことを知らない自己理解不足な点。英語の仕事に関して、漠然とした知識しか持たず、具体的行動を起こせない職業理解不足な点。将来のなりたい像が描けておらず、中長期的なキャリアプランがまだ十分に考えられていない点。  

問3①
自己理解、仕事理解を深め、中長期的なキャリアプランを相談者が自律的に意思決定し、目標に向かって行動できるようになること。今の職場で正職員になるか、英語を活かす仕事を目指すか、あるいは、他の道を選ぶか意思決定でき、行動できるようになること。

問3②
まず悩む気持ちを受容し、正職員の打診があったことを承認する。正職員になるかどうか回答の期限を確認する。英語の仕事への思いや現在の職場での仕事内容を伺いつつ、今までの仕事等の棚卸を行い、自己理解、仕事理解を深め、なりたい像を描けるよう支援する。英語の仕事に対して具体的な情報を持っていただくため、どのような仕事があるか調べて頂き、必要なスキル等を確認するように提案する。正職員になるか、英語の仕事を目指すか、また他の道を選ぶかメリット・デメリットを整理し、意思決定できるよう支援する。

[PR]
# by kaorin3355 | 2017-01-22 19:00 | 2級キャリコン実技試験対策

第14回2級キャリアコンサルティング技能士試験 論述解答例

第14回2級キャリコン試験論述解答例

(平成27年前期 6月実施)

2級論述試験の解答例を無料で公開します。正解はひとつとは限りません。あくまでもひとつの例として個人学習にお役立てください。

※ 試験の解答用紙にはしっかり書ききれるようになっています。はみ出たり、行数を勝手に増やしたりすると明らかに減点対象になると思われます。
※ コピー、転載、2次配信はご遠慮ください。

問1
数学が得意で好きで教えるのもうまいと言われ進学した。教職課程も真面目に頑張ってきたが、免許を取っても採用試験は狭き門で、自信もないしリスクを感じる。数学をいかせる一般企業を第一志望にするか、教師をあきらめていいのか色々考えわからなくなったので相談したい。

問2
友人に影響され教師を目指し、周囲からの伝聞のみで教師をリスクが高いと判断する点から自己理解、仕事理解不足と見受けられること。大学の教員、友人、家族など周囲の支援者に相談しているように見受けられないこと。中長期的なキャリアプランが十分に醸成されていないこと。

問3①
中長期的なキャリアプランを自ら意思決定できるようになること。教師を目指すか、あるいは一般企業、また両方を目指すか、他の選択肢を選ぶかを含めて、相談者自身が自律的に進路を意思決定でき、目標に向け行動できるようになることを目標としたい。

問3②
今まで教師を目指し頑張ってきた思いを受容しつつ、数学に対する思いを伺い、教師への思いや、教師という仕事について伺い、自己理解、仕事理解を深め、なりたい像を描いていただき、中長期的キャリアプラン形成へ向け支援する。採用試験の時期確認を含め、教員、友人等に実際の試験等の情報収集をするように促す。教師、一般企業を目指すことのメリット、デメリットを一緒に整理する。必要に応じてVPI職業興味検査を行い、進学や他の選択肢の可能性も一緒に考え、目標に向け、主体的に行動できるよう継続的に支援する。





[PR]
# by kaorin3355 | 2017-01-20 09:00 | 2級キャリコン実技試験対策

試験会場による面接誤差はあるか

キャリア技能士試験にはさまざまな都市伝説があります。

・面接試験日はなるべく遅く
・某会場は試験官がやさしい
・某会場では標準語では意地悪をされる
・某会場の学生役の方がどう見ても年上でやりづらい

等々。

これはあくまでも「ある」人が体験したことがまことしやかに語りづがれているケースが多いです。

ある≒オールではありません。数学の論理で習いました。

しかし、その中でも「某会場」が合格しやすい、という噂は良く聞こえてくるものです。

ただ、合格率に関して、会場ごとのデータが提示されているわけではないので、あくまでも噂の範囲を超えることはなく実証は難しいと思われます。

そもそも、同じ会場でも、どのケースにあたるのか、どんなCL役の方にあたるのか等、さまざまな要因が偶発的に起こってくるわけで、会場によってどうのこうのと悩んでみても仕方ありません。

そこを悩むのであれば、自分自身が一番受検しやすい日を選んで、希望順にリストアップして受検申請を早めに行うことがベターのなかの一番であると思われます。



[PR]
# by kaorin3355 | 2015-02-04 08:21 | 2級キャリコン試験都市伝説