試験会場による面接誤差はあるか

キャリア技能士試験にはさまざまな都市伝説があります。

・面接試験日はなるべく遅く
・某会場は試験官がやさしい
・某会場では標準語では意地悪をされる
・某会場の学生役の方がどう見ても年上でやりづらい

等々。

これはあくまでも「ある」人が体験したことがまことしやかに語りづがれているケースが多いです。

ある≒オールではありません。数学の論理で習いました。

しかし、その中でも「某会場」が合格しやすい、という噂は良く聞こえてくるものです。

ただ、合格率に関して、会場ごとのデータが提示されているわけではないので、あくまでも噂の範囲を超えることはなく実証は難しいと思われます。

そもそも、同じ会場でも、どのケースにあたるのか、どんなCL役の方にあたるのか等、さまざまな要因が偶発的に起こってくるわけで、会場によってどうのこうのと悩んでみても仕方ありません。

そこを悩むのであれば、自分自身が一番受検しやすい日を選んで、希望順にリストアップして受検申請を早めに行うことがベターのなかの一番であると思われます。



[PR]
by kaorin3355 | 2015-02-04 08:21 | 2級キャリコン試験都市伝説
<< 第14回2級キャリアコンサルテ... 2級キャリア・コンサルティング... >>