見落としがちな行動憲章

学科の勉強も実技の勉強も大切。

大切だからこそがむしゃらにやれば良いというものではない。

限られた時間の中、統合的に学習を進めていくほかない。

ゲシュタルトだ。

暗記を一心不乱でやると良いかもしれない。

しかし、暗記した項目の関連性をインプットしていなければ
そんなのは知識の断片でしかなく
学科でも実技でも武器にはならない。

当たり前の話だけど、いざ自分が渦中の受検する側になると
それが見えなくなってしまう。

脳のシナプスをつなげるように
関連付けて勉強していく方法が良い。

もちろん、口で言うのは易し、だ。

それはだれも助けてくれない。
自分の頭で考えて対応しないとどうしようもない。


その中ですべての基礎になることがある。

行動憲章であったり倫理綱領そして、試験細目だ。

これらは試験勉強の羅針盤だ。

まずはここに目を通し、ことあるごとにここに戻るようにお勧めする。

[PR]
by kaorin3355 | 2015-02-03 20:19 | 2級キャリコン勉強法
<< 2級キャリア・コンサルティング... 平成27年度 キャリア・コンサ... >>